賞味期限

賞味期限の期間
-もし万が一菌があったとしても-

  • 賞味期限の期間は、「サルモネラ菌」の増殖がおこらない期間をベースに決められています。サルモネラ菌の増殖が起こらない期間は、たまごの「保存温度」によって決まります。その期間は、イギリスのハンフリー博士の研究に基づいて算出されたものであり、菌の温度による増殖速度の違いから、夏は短く冬は長くなります。賞味期限は、この期間に家庭における冷蔵保存の「7日間」で消費されることを基礎にしています。
  • 上記の「7日間」の設定根拠は、現在、家庭で消費されているたまごは、1人あたり年間約175個であり、一般的に1家族3人と仮定して、1パック10個のたまごが約7日間で消費されることを基礎にしています。
  • 上記の「7日間」の設定根拠は、現在、家庭で消費されているたまごは、1人あたり年間約175個であり、一般的に1家族3人と仮定して、1パック10個のたまごが約7日間で消費されることを基礎にしています。
  • (社)日本卵業協会などの指導では、賞味期限の期間を次のように設定しています。(あくまでも基準であり、期限設定については生産者およびGPセンターが行うが、問屋業者を含めて協議することとしています)
賞味期限設定の目安
季節 該当の月 期限設定
夏期 7月、8月、9月 集卵日から最大17日以内
春、秋 4月、5月、6月、10月、11月 集卵日から最大27日以内
冬季 12月、1月、2月、3月 集卵日から最大50日以内

たまごの産卵時刻分布を調べると、午前中に75%、午後に25%前後が産卵されています。
横浜鶏卵のたまごの賞味期限は、採卵日プラス16日を年間通じて行っております。
(賞味期限-16日=採卵日)基準値