検査体制

お手元に届く玉子は、以下の検査体制によって検査されています。

1商品(パック詰め玉子)

商品(パック詰め玉子)
商品は、玉子の鮮度・玉子の黄身の色・玉子の殻の強度などの品質検査を実施しています。また、玉子内容物のサルモネラ菌(SE・ST・SH)検査を定期的に実施しています。

2GPセンター(玉子の選別包装施設)

GPセンター
GPセンターでは、玉子の洗浄・乾燥・殺菌・計量・包装を自動的に行っています。ふき取り検査を行い、清浄度をチェックしています。また、作業記録なども常備し、作業状況をチェックしています。

3採卵鶏農場(鶏が玉子を産む施設)

採卵鶏農場
採卵鶏農場では、鶏の検便や鶏舎内の環境検査を実施し、クリーンな環境で採卵されていることを確認しています。また、採卵期には、鶏に抗生物質を与えていません。

4育雛農場(玉子を産む鶏を育てる施設)

育雛農場
育雛農場では、雛が健康に育っていることを確認するために、鶏舎内の環境検査等を実施しています。

5種鶏場(玉子を産む鶏の親鶏を飼育する施設)

種鶏場
種鶏場では、鶏舎内の環境検査等を実施し、採卵鶏の親鶏である種鶏がサルモネラ菌(SE・ST・SH)に汚染されていないことを確認しています。

※上記の写真は当該農場を撮影したものではありません。